サラシナショウマ

キンポウゲ科
時期

山地の樹陰や草原に生える大形の多年草である。伊吹山頂の草原に原生し、8月中旬から9月に純白の長い花穂が多数茎葉よりぬき出て、風にゆらぐ様はとても美しい。名は若い葉を煮て水で晒して食べることに由来する。根茎を漢方薬では「升麻」といい、発汗、解熱、解毒などに用いる。