メタカラコウ

キク科
時期

深山の湿気の多い草地や谷間に生える多年草である。伊吹山のお花畑では優占種となり、黄金色の大きな穂が何万本も一斉に開花する美観は他山にはない。仲間のオタカラコウは総苞片が8~9枚、舌状花の数が5~9枚個あって、その数以下の本種と区別される。