コバノミミナグサ

ナデシコ科
時期

伊吹山頂付近の高さ900~1,370m間の石灰岩地にのみ見られる多年草で、伊吹山の特産種とされている。ふつうのミミナグサとは花が大きいことと、葉が細くて、小さいことで区別される。登山道脇のお花畑や石灰岩の露岩の周辺に生えているが、個体数が少ないので、大切にしたい。